正しく申告、控除できるものはフルに使え!

今年も確定申告の季節になりましたが、軽貨物ギグワーカーで常に仕事の情報にアンテナを張っていても確定申告はなんとなくやっている、なんてことないでしょうか?
毎年確定申告はなにかしらのルール変更があります、またなぜ領収書や控除書類を集めるのか?基本的なところから考えてみましょう。

そもそも控除や経費を計上する意味って?

個人事業主をやっていると闇雲に経費で落としたり領収書を集めますが、集めたモノの価値がいくらなのかまで考えないですよね。

経費とは

1年頑張って働いた稼ぎに対して収める税金が決まるのですが、仕事にかかった費用~ガソリン代~などは儲けから引いていいことになっています、これが経費。
仕事に関連性があるものは経費と認められるので軽貨物なら”車両費””高速代金”また”仕事に関する書籍”なんかも認められますが、”暇つぶしのゲーム代”などは認められません。

控除とは

確定申告するにあたり、最初からサービスで引いてあげるよという金額です。
国民ほぼ全員に認められているのが”基礎控除”今年は48万円なので、仕事の儲けが500万円なら48万円引いて452万円が申請額になるのです、これは大きい。
個人事業主の場合、青色申告の場合さらに55万円の控除になります。

“仕事の儲け”ー”経費”ー”控除額”=”課税所得”

になり税金が決まるので引けるモノは極力利用して課税所得を下げたほうがいいのです。
また課税所得が下がれば、住民税や国保の保険料も下がります!これ大事。

頑張って集めた領収書や控除の価値っていくら?

税金は儲けが大きければ大きいほど高くなるわけですが、前述の”課税所得”が100万円だった場合、1万円課税所得が下がると税金は1,500円下がります。
つまり1万円の領収書があると、もしくは1万円控除を受けれると1,500円税金が安くなるのです!

この例は所得税5%、住民税10%の最低税率で計算している軽貨物個人事業主”おおよそ”の金額です。
課税所得が大きくなればなるほど、領収書の価値もどんどん上がります。

課税所得を下げる事のデメリットって?

課税所得安くなれば、国保も住民税もやすくなって万々歳ですが、デメリットってあるのかな?、とかんがえると
所得は残念ながら今の世の中では、あなたの社会的信用のバロメーターでもあるので、ローンの申請等で不利になることが考えられます。
もうひとつ、ケースとして事故を起こして仕事ができなくなったから、相手の保険で支払ってもらおうという場合の支払い算定もこの税金額があなたの価値として使用されます。

2021年確定申告のコツはこれ

基礎控除が10万円アップ (38万円→48万円)
青色申告特別控除額は10万円ダウン (65万円→55万円)

ここまで見ると、10万円増えて減ってでプラマイ0円ですが

e-taxを利用して電子申請を行うと青色控除が(65万円)に10万円アップ。

つまりe-taxで青色申請すれば、昨年度より控除額は10万円増えます。
マイナンバーを読み取れるカードリーダーを用意したり費用がかかる、と思われがちですがカードリーダーはアマゾンで5,000円もしません
前述の計算だと10万円控除が違えば15,000円は税金が違うので、実際は1日分の稼ぎくらい差額が出ると思います。

やることやれば1日の稼ぎ以上の差額がでます!

以上、税率は職種によって違うので軽貨物の個人事業主を想定してちょっと雑ですが簡単な例で解説てみました。申請方法や控除の利用、正しい経費の計上で実際2万円以上の差額がでてくると思います。
ギグワーク特有の支払い情報の収集方法については以下リンクの記事も参照にしてみてください。