N-VANここが残念だぜ

スバル、スズキの軽を8年乗った目で見ると..

今までにない新しい軽バンとしていいところだらけなんで、残念というよりは他車との決定的な違いとでもいうんですかね。
N-VANを選ぶ上で理解しておかないと幸せになれない部分を今回はお話します。

荷室長が短い

これは購入前に覚悟しておかないと行けない重要なところで、ボンネットにエンジンがある関係で他の軽バンより鼻が長いのです。
普通の軽バンが荷室長(運転席まで)1800mmはとれる所、N-VANは1510mmしかありません、建材のボード類は1800mmが標準なので助手席を畳んで立てて積む事になります。

また荷室が低い分、タイヤハウスがでていてこの間隔が900mmギリなのでパレット積みもできません、これだけは把握しておかないといけませんね。

軽貨物ギグワークのピックゴーなどのマッチングサイトの案件は、エブリィなど1800mmが平積みできる車前提での依頼があるので、建材など平積みできない物があるということを理解しておきましょう。
エブリィの荷室サイズ
回転半径が大きい

最小回転半径がメーカー公称値で4.6m、エブリィが4.1mなので転回切返しなどで、思ったより回らないぞ、となりました。
他車から乗り換えた場合ですが、ボンネットの出っ張りも結構あるので取り回しの感覚はかなり違います。

スズキ エブリィの場合
値段が高い

SENSHING標準装備の値段なのでやや高めですね。
スズキエブリィ、2WD4ATで1,006,700円
N-VANは同クラスで1,291,400円から
燃費が良いのでその分吸収できると思っていますが。

運転席以外のイスが…

フルフラットにするため助手席、後部座席もほぼ板に薄いクッション。L/Gグレードでは後部座席のヘッドピラーもオプションです。N-VANはお一人様車、といわれる由縁ですね。

ホコリが目立つ

内装は全て黒系で統一されています。他車がグレー系だからなんか締まった感じがしますね。
しかし、ホコリが目立ちます…
傷が目立たないようにビート多様のデザインなんですがこの溝の間も汚れますね。

レスポンスが遅いときがある

CTVだからなのかわからないのですが、ギアを入れ替えた時バック時などに感じる事があります。
350kg最大積載量近く積んだ時の挙動も、悪くなるという事はありませんがフワーッと加速していく感じです。良いのか悪いのかとても乗用車的な感覚。

燃料タンク容量が小さい

27L、4WD車になると25Lは正直小さいです…
エブリィは37Lなので、燃費の落ちる夏場などは毎日給油、なんてことにもなります。

まとめ

一年近く業務使用してみて感じた”今までと違うな”と感じた部分を並べてみました。
当然のことながらこれでトラブルになった事例は一度もありませんし、前エントリーであげたメリットの方が自分にとっては大きいです。

さ、N-VAN選びの参考になりましたでしょうか?