アンインストール直前までいきました

開業後、ピックゴーに登録して晴れて案件が見れるようになりました。あんな案件こんな案件、夢膨らみますね、取れれば….
正直ここまで当選しないものだとは思いませんでした、落選メールで画面がうめつくされます、まぁ今もですけど。

ピックゴーの当落基準は全く公表されないので、想像するしかないのですが特に”経験案件0”はどう考えても厳しいですよね。ネット上にも動画やSNS「ピックゴー当たらないから割合わない、やめます」なんて見ました。でも当選している人もいるのは事実、ではどう食い込んでやるか。

開業後1ヶ月、もう当たらないしアプリアンインストールするかなぁまで考えました。

最初の一件とるまでが大変だ

運も実力と言われるとキツイ

最初の1件が当選したのは開業後2ヶ月過ぎ。もう通知も切ってたくらいなのですが、ひと仕事終わってふと見ると近所の最短案件が出てました、試しにエントリーしたら当選。
しかしその後、また延々と落選し続けるのですが「 自分でも当選するんだ」と分かり、ならば対策を練ってやろうとなりました。

最初は最短案件か祭りに乗れ!

通常の時間指定の案件、最初のうちは絶対というほど当選しませんでした。ではどうやって食い込んでやるか、ある程度案件数をこなすしかない。
最短案件なら、条件さえそろえば当選しますね。

またSNSなどで「祭り」とよばれる状態、荷主さんの様々な都合で数十台単位で募集がかかる事があります。こればかりはいつどこで起きるか分かりませんが、上手くすれば経験が浅くても1日で数件の当選を得ることができます。

じぶんがやった事

徹底的に案件内容を見る

1週間、1ヶ月案件を見続けて、”曜日””時間”ごとの出現傾向、出現場所を見ました。この日この辺だと案件出そうだ、というのがぼんやり見えてきます。

エントリー場所の選定

案件の傾向が見えてきたら、どこで案件待ちをするかです。 曜日時間によっても違います、場所によっては自己負担ですが高速利用で集荷すれば思わぬところで短時間エントリーできるポイントもあるかもしれませんよ。

エントリーコメントを書き込む

どこまでコメントが有効か分かりませんが、あきらかにコメントが効いて当選した例は多々あります、なんども言いますが当落基準は未公開です。
自分は案件の種類により数パターン用意して、辞書登録しています。時間があるときはコメントを書き換えたりして、 それぐらい重要な要素だと”自分は”思っています

SNSを読み漁る

前のエントリーでSNSへの情報公開の弊害について書きましたが、上手く情報発信されている方が多数います。
直接質問してみてもいいと思いますし、情報戦なので実は宝の山かもしれません。

全然エントリーがない案件もある、らしいよ

朝一番はみんな当然仕事始めたいですから、朝スタートの案件は人気あるだろうなぁと思います、想像ですよ。
じゃぁその辺の時間外した案件はどうなんでしょうね。実際荷主さんに自分しかエントリーがなかったと言われたことがあります、都内の案件ですよ。

新ルールは厳しいが仕方ないのでは?

最近ルール変更があり、ある一定額を超えるかつ傾向からエントリーの多い人気案件には、カピスターと呼ばれる運行評価が一定数を下回るとエントリーできなくなりました。

1ミスで落ちてしまうし取り戻すには結構大変なので、かなり厳しくなったなとも思います。ただ荷主さんがいなくなってしまっては元も子もないので、結果自分たちのためには良いのかな?と思います。

ルール決めるのは運営

当選の判定基準は非公開です、誰がどう決めるのか?ネット上にも様々な情報がありますが全て噂にすぎません。
ピックゴーは自社のラッピングカーのリースもしていますが、リースカーが有利だったとしても彼らも高いリースを支払いっているのでそれは仕方ないのかな、とも思います。

噂を聞いて一喜一憂することもありますが、自分の立場からは噂の域を出ない話なので。

まとめ

案件を重ねるうちに高額当選も

上記の事をやっているうちに、時間指定案件も当選するようになり200km程度の中距離案件も数回当選するようになりました。現状では月の売上の10%〜15%ほどをピックゴーで得ています。
あくまで自分のケースであり、あくまでピックゴーの当落基準は未公開なのでご参考までに。

決して無理ゲーではない

ただ ピックゴーは”当選しない運ゲームではない”、対策と行動で当選は取れるという事は言えます。
さぁ、エントリーしますか!