新車か中古か問題はそこだ

軽貨物運輸を始めるのにあたり必要な唯一無二なモノ”車”
車の価格=開業資金といっても過言ではないのでしょうか。

選び放題な軽バンの中古車

中古、新車の選択肢があり中古であれば一桁万円からありますね、その車で黒ナンバーを取得すれば開業、仕事ができるわけです。

軽バンの中古車は車種グレードに拘って探さなければ選択肢は豊富です。車種の性格上仕事で使われてた物がほとんどでしょうから、状態の見極めは重要ですね。
修理代で結局高くなったり、走行不能になった場合の仕事の補償もありますから、すでに開業して乗り馴れてる人などに付き合ってもらうのも良いかもしれませんね。
10万円以下だと走行距離15万キロぐらいから、自分は仕事でスズキエブリィを故障なしで28万キロ乗りました、ちゃんと手入れされてればこれだけ走ります。

多く取引されてそうなのが10万キロ前後、50万円から80万円くらいでしょうか。乗り出しには整備代、登録料等の諸経費もかかります”次の車検までの期間”も 考慮してください。

凄い事になってきてる今の新車軽バン

予算に余裕があれば新車ですね。仕事用の車なのでまぁ安いといえば安いです、一番安価と思われるのが”ダイハツハイゼットカーゴ”で934, 200円(税込)から乗り出しで百万円てとこですか

最安値は流石にマニュアル車ですが一番安価なグレードでもエアコン(当然)、ラジオぐらいはつきます。グレードが上がると何が違うかというと。
パワーウインドウになる、電動ミラーになる、ホイールキャップがつく、後部座席が豪華になる…という感じ、必要ない人には必要ないですが、自家用車も兼ねるとなると検討してもいいかもしれませんね。

“新古車”登録済未使用車というのもあり、私はディーラー新古車を買いました、納車期間が短く新車価格より少し安い。
そのかわり”登録済み”なので車検は早くきちゃう、新古専門店があるくらい流通していますので一期一会で条件の車に会えればおすすめです。

お仕事”軽”にも自動ブレーキの時代

そして今見逃せないのが安全装備です。スズキエブリィだと衝突回避自動ブレーキ機能、車線逸脱ふらつき警告、バック時の誤発進抑制機能がオプションでつけれます。
さらに先を行ってるのがホンダのホンダセンシング。ブレーサポートはもちろん前の車に合わせて自動で走るACC、ハンドルをサポートして走ってくれる自動運転に”近い”機能がホンダの場合は基本標準装備となっています。
その代わりホンダのN-VANは1,267,920円からとちょっとお高めです。

運転に自信があるという方も毎日仕事で乗る車です”万が一”の際事故により車の破損や免許の停止になった場合、仕事ができなくなってしまうリスクを少し軽減できると思うと、新型の安全装備車も対費用で効果があるのではないでしょうか。

令和元年7月現在、サポカー減税、任意保険の割引がうけられます。

第三の選択肢リースカー

リース条件と収入稼働条件の見極めをして!

新車、状態の良い車を低予算で用意する方法として”リースカー”があります。
月3万円程度からとすぐに開業したい人にはETCや法定整備もコミコミだったりするのでかなり魅力。急いでるからすぐに契約しちゃうものかもしれませんが、リース期間は当然解約できません、月の走行距離が設定値を越えると追加料金が発生する契約もあります。

月々の支払いと長い目で収入予定額を見なければいけないので、個人的には難易度の高い車の調達方法かなぁと思いますが、条件に合致すればいい内容だと思います。

PickGoのCBCloudは自社でラッピングありのカーリースをしています
アマゾンフレックスも新規開業の方向けにリースカーの紹介をしています。

まとめ

予算、時間、予定収入を天秤にかけて

開業時用意できる資金は人それぞれ、販売店にもよるでしょうが中古車の場合は整備登録ができれば乗れますが、新車の場合は発注後1ヶ月ほど納期がかかる場合が多いようですので、準備期間の有無も考慮して選択してはいかがでしょうか。

新車でしたら”サポカー”おすすめですよ。